プロフィール

早期引退!

Author:早期引退!
みなさんの夢は何ですか?

私の夢は「働かなくても家族が安心して生活ができる環境を作ること」
生活保護をもらったり、家族の収入に頼り紐のように怠けようというのではなく、自分で安定収入を得られる環境を整え、それでいて自分が好きなことができる環境を作る。

それが、不動産収入なのか、インカムゲインなのか、外貨差益なのか、事業収益なのかわかりませんが、その目標を50歳で達成すること。

現時点で方向性も固まってなく、現実を見ると50歳で引退は難しいかもしれませんが、夢がなければ成功しません。

「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。」

吉田松陰先生の名言を常に胸中に収め早期引退を目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津和野までのロングライド

今日は岩国から津和野までのロングライドをしました。

走行距離は、188km。
towano.jpg

いままで走った中では最長で、往路のヒルクライムでは正直諦めようと何度も思いました。

今回の反省点は、栄養の補給タイミングと休憩のタイミングを間違ったために往路はかなり苦労しました。

1ヶ月ぶりに走ったという点で、いままでの走り方を忘れていたこと。走れると思い休憩なしに40km一気に走ったこと。栄養の補給なしに走り続けたこと。

この点が非常に大きく、往路を苦しめる原因となりました。

普通なら難なく登れるヒルクライムもかなり苦労してのぼり、何度も挫折しそうになりました・・・。
それでも登り続け、なんとか津和野の境界に到着
IMAG0172.jpg


ただ、有言実行が私のよいところ、言ったことは確実にクリアーする。そう思って上り坂も一生懸命登りなんとか目的地に到着。
IMAG0176.jpg

最後のヒルクライムは太鼓谷稲荷の本道に登る坂道。
ここを登りきればゴールです。

ゴールしたら次は腹ごしらえ。
目指す場所は津和野駅
IMAG0177.jpg

こちらで、腹ごしらえをして、復路へ。
ただ、復路は坂道をできるだけ通らない道を選択。ただし、坂道を通らない場合は12kmも遠回りに。

それでも、遠回りの方が早く帰れると判断したため遠回りで帰ることにしました。
IMAG0178.jpg


お稲荷さんで、あげやお賽銭をあげずにお参りしたせいか、途中で集中豪雨に。
降り始めてすぐにトンネルがあったためしばらく雨宿りをしていましたが、自転車以外で帰る方法がないため小雨になった時点で雨の中をライド。

気温は往路で31度あったのに復路では21度と10度近くも下がり寒さに震えながら、また、目の前の山に雷が落ちる中、恐怖と戦いながら自転車で疾走。

通常なら輪行して帰りたいところですが、電車もなく、輪行袋もなく、軽トラのおばちゃんに声をかけて乗せてもらおうと何度思ったことか・・・。そんな思いもさておき、仕方なく自転車で走り続けました。

そんなこんなで、一生懸命走る続けると、天候も回復し、予定よりも随分と遅れて山賊に到着。
IMAG0180.jpg

ここで、お腹を満たし、家まで再出発です。

ここからは気心がしれた道。
時間も読めるため休憩を挟みながら着実に家に向かいました。

今回の反省点は、休憩ポイントと栄養補給のポイントを間違わないこと。往路はそれでいつもなら登れる坂に苦しめられました。休憩も重要で5分でも良いから休めば足の回復が全然違う。

この二点は今後気をつけて走りたいと思います。

もう一つ思ったのが、スマートフォンでは100kmを超えるとバッテリーの問題もあり記憶するには限界があるということが良く分かりました。やはりサイコンが必要ですね・・・。
スポンサーサイト

<< 瀬戸内しまなみ海道 サイクリング尾道大会 | ホーム | はじめは処女のごとく、最後は脱兎の如し >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめ【津和野までのロングラ】

今日は岩国から津和野までのロングライドをしました。走行距離は、188km。いままで走った中では最長で、往


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。