プロフィール

早期引退!

Author:早期引退!
みなさんの夢は何ですか?

私の夢は「働かなくても家族が安心して生活ができる環境を作ること」
生活保護をもらったり、家族の収入に頼り紐のように怠けようというのではなく、自分で安定収入を得られる環境を整え、それでいて自分が好きなことができる環境を作る。

それが、不動産収入なのか、インカムゲインなのか、外貨差益なのか、事業収益なのかわかりませんが、その目標を50歳で達成すること。

現時点で方向性も固まってなく、現実を見ると50歳で引退は難しいかもしれませんが、夢がなければ成功しません。

「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。」

吉田松陰先生の名言を常に胸中に収め早期引退を目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V.A.C(Value Added Consultation)

「V.A.C」この言葉は、一番初めに勤めていた会社の社長が作った造語。

いまでは当たり前の考えですが、「お客様に適したより良いものを、付加価値をつけて販売する。」こんな感じだったともうけど、いまでも自分の商売における原点です。

他にも、「作られたものは、まず壊せ。壊してもう一度作ればより強く、大きくなる」この言葉も印象的でした。当時、パソコンは作られたものをただ売るだけ。今のようにカスタマイズしたり、ばらしたり、組み立てたりして売るようなものでなく。メーカーから出された数機種を売るだけの存在でした。

しかし、パソコンもばらしてみたらひとつのパーツ。そのひとつのパーツをさらにばらすと・・・。というようにバラしていき、結果、台湾や中国、シンガポール等に行ってパーツを買い付け、組み立てて売り始めたのが原点。

それが、PCメーカー立ち上げとなりました。

今は大手電器店に吸収されましたが、当時立ち上げた会社で、残っているのは数社だけ。その中の一つというだけでも嬉しい限りです。

当時は私も智慧がなく、自信過剰なところもあり、飛び出しましたが、当時教えられた教えが頭にあり、根底に流れているのは、当時の環境と社長の教育の賜物と思います。

未だに、この会社のメンバーとは時々会いますし、連絡が取れる環境にあるのはSNSの発展と当時働いていた各自の繋がりのおかげ。

振り返れば、いまの携帯電話市場も当時によく似ていると思います。
今は、3社に牛耳られていますが、無線がこれだけ発達し、LINEやスカイプがもっとクオリティーが良くなれば電話はいらなくなります。そうした時にどうするのか?当時の小型の電気屋のようにメーカーと一緒に沈んでいくのか?大手電気店のように拡大路線に向かうのか?

歴史は品を変えて繰り返しています。
再び、パソコンの淘汰と同じようなことが携帯でも起こると思いますが、どう思いますか?
スポンサーサイト

<< はじめは処女のごとく、最後は脱兎の如し | ホーム | 人を見捨てない! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。